RECENT ARTICLES

    友達にニキシー管時計を見せたら切ない反応

    P1050727

    つい先日、友人にニキシー管時計の画像を見せました。

    「ふ~ん、知らない」

    こんな反応が返ってきました。

    まぁ当然といえば、当然なんですけど(笑)

    やはり、ニキシー管時計は、少し年齢層が上の方々は懐かしいものとして記憶の中にインプットされているようですが、私を含めた若年層には馴染みの無いもののようです。

    30代が若年層といえば、おかしな話かもしれませんが、世の中の一般的な若年層も当然同じような反応をするかもしれません。

    一方、アニメ好きの中では、ダイバージェンスメーターと言うと、

    「シュタゲの?」

    と言うような反応です。

    若干その子はアニメ好きと言うか、2次元キャラクタ好きなので、当然な反応かもしれませんが・・・

    その子にはニキシー管時計って知っている?

    と聞いても、やっぱり

    「知らない」

    と言う反応でした。

    ニキシー管時計FANを運営している私にとっては、こういう人に魅力を感じてもらうためには??

    と少々気合が入った一言でもありました(笑)

    さて、このサイトを運営開始して、2ヶ月以上が経過しました。

    アクセス数も順調に伸び、Twitterにおいては、180名の方にフォローいただいております。

    しかし、まだまだ、魅力に感じてもらいたい人たちには情報が届いておりません。。

    ますます気合を入れて!?運営していきたいと思います!!

    この記事は、愚痴めいた感じがしますが、気合と感じていただければ幸いです。

    • Comments ( 4 )
    • Trackbacks ( 0 )
    1. by qrohey

      僕もニキシー菅は実物を実装してる友達の家で一目惚れしました。

      それ以来、海外のサイトで1万円強のニキシー菅、VFD菅を取り寄せては見たものの、電源周りが少々ネックでちょっとかじった電子工作スキルでは実装できてないままです。

      是非この機会に実装してみようと思いますので情報共有等できたら嬉しいです。

      • by admin

        コメントありがとうございます!
        実装にチャレンジしようとしているんですね。。
        素晴らしい!

        ぜひ実装されたら教えてください。
        サイトに掲載させていただきます。

    2. by kuroya001

      ニキシー管は、個人的にはアナログからデジタルに移行していく両方の特性を持っている、
      デジタルとアナログの中間的部分に面白さと魅力を感じています。
      何十年も前に作られて、生産中止になっているのに、
      今見るととても逆に新鮮さを感じます。

      今作ろうとしても技術的になかなか作れるものではありませんし、
      淘汰されていく現代に失われた素晴らしきテクノロジー。

      そんな魅力に取りつかれました。。

      ダイバージェンスメーター作成中のくろやでした(*´ω`*)

      • by admin

        くろやさん、こんにちは。
        コメントありがとうございます。
        「デジタルとアナログの中間的部分の面白さ」同意いたします!
        確かにそうですよね。

        そして、生産中止になっているものなのに新鮮と感じるニキシー管時計。

        虜になっちゃいますよね!

        ダイバージェンスメーターの製作、大変かと思いますが、頑張ってください!
        完成したら教えてくださいね!!

    *
    *
    * (公開されません)