RECENT ARTICLES

    ニキシー管時計を外に持ち運んでみた。

    今日は昨日の爆弾低気圧が通過したおかげで、とてもいい天気。

    散歩に出かけようとしたときに、机の上のニキシー管時計が、

    ニキシー管時計

    「俺もつれてけ・・・」

    といわんばかりの雰囲気を醸し出していたので、散歩に連れて行くことにしました。

    とりあえず自転車で・・・

    自転車の上のニキシー管時計

    とてつもなく違和感たっぷり。

    自転車は先日アマゾンで7000円で購入した新車。

    なぜニキシー管時計を?と頭の中に「?」マークを浮かべながら散歩に行きました。

    風は強かったけど、気温も高くて気持ちいい散歩でした。

    そしたら途中、ニキシー管時計が。

    「疲れた。休ませろ。」

    と言っているような感じがしたので、ベンチで休憩することにしました。

    ベンチの上のニキシー管時計

    外でのニキシー管時計。違和感たっぷりです。

    ニキシー管時計さんは疲れているのか、光ってはいませんでした。

    ベンチを後にし、公園を散歩。

    きれいな花があったので、一緒に撮影してみることにしました。

    花とニキシー感時計

    「あの子のほうがいい。」

    そんなことを言っているようにしたので、別の花と一緒に撮ることにしました。

    チューリップとニキシー管時計

    照れているのか、物理的に近づけないのか、あまり近くで撮ることができませんでした。

    もっと近づけて撮ろうと思ったら、どうやら拗ねてしまったようで、正面で写ろうとしませんでした・・・

    拗ねたニキシー管

    機嫌直しに場所を移動しました。

    しかし、無理やり花に近づけた事が気に入らないのか、まだ機嫌が直っていないようです。

    正面を見ようとしてくれません。

    DSC_0194

    しばらくしたら突然、

    暑い。

    と言い出したような感じがしたので、ケースを脱がすことにしました。

    そしたらやっと正面を向いてくれるようになりました。

    暑いと言い出したニキシー管時計

    そしたらまた、

    「ベンチに座らせろ。」

    と高圧的な態度をしているような感じがしたので、再度ベンチに座らせることにしました。

    ベンチに座るニキシー管時計

    しかし、なんで

    命令口調。

    なんでしょうかね。

    性別は何?と思ってしまいそうです。

    少し休憩して、再び場所を移動することにしました。

    遠くを眺めて何を考えているのでしょうか?

    DSC_0204

    どうやら、ニキシー管時計さんは、この場所がお気に入りのようです。

    途中、

    なんでお前が俺を上から眺めてんだよ!

    と言われている感じがしましたが、そこは無視。

    DSC_0202

    ・・・とまあ、さすがに三十路を過ぎたおっさんがニキシー管時計を撮影している姿を自分で想像したらむなしさと切なさを感じてしまったので、散歩は終了することにしました。

    また連れてけ。。。

    そんなことを言われている気がしました。

    帰宅するニキシー管時計

    というわけでニキシー管時計さんを連れた散歩は終了です。

    部屋の中とは違った一面を見ることができました。

    めでたしめでたし・・・。

    しかし、ニキシー管時計さん、男なのでしょうか?女なのでしょうか?

    キャラクターがうまく定まってませんでした・・・・すみません。