RECENT ARTICLES

    プリント基板の重要性

    ニキシー管時計にも搭載されている、プリント基板。

    搭載という方は適切ではないかもしれませんが、プリント基板がニキシー管時計では非常に重要な役割を占めています。

    というか、プリント基板が存在しないと、ニキシー管が点灯ません・・・

    そもそもプリント基板とはいったいどのようなものなのでしょうか??

    wikipediaによるとこう書いてありました。

    プリント基板(プリントきばん、PWB、PCB)は電子部品を固定して配線するための電気製品の主要な部品のひとつ。
    オーストリア人であるパウル・アイスラー (Paul Eisler) が考案した配線手法である。
    日本においては1936年(昭和11年)に成立した日本初のプリント配線板の特許が起源となる[1]。

    電気製品の主要な部品の一つとありますね。

    電源から電気を取って、それをプリント基板がニキシー管が点灯する仕組みを制御しているということでしょうか?

    1枚のプリント基板には、それは様々な仕組みが隠されています。

    以前、きばん本舗さんを取材した際に撮影したプリント基板。

    なにやら、様々なものが搭載されていますね。

    しかし、 不思議とごちゃごちゃ感がありません。

    きちんと設計しないと、美しくないアウトプットになってしまいます。

    これがノウハウというものなのでしょうか?

    それとも、基本的なものは共通しているのでしょうか?

    ここらへんは初心者には残念ながら、わかりませんね(笑

    プリント基板の色は緑色のものが多いようですが、最近はブラックのものも増えてきているようです。

    きばん本舗を運営する日本サーキットの社長さんのブログに、なんと水色の基板が掲載されていました。

    なんと・・これは色がきれいですね!!

    うーん。

    これまで裏方の力持ち的なプリント基板もここにきて、色鮮やかになって表舞台に出てきたということでしょうか?

    しかし、このような色のプリント基板が出回れば、面白いニキシー管時計が完成するのではないでしょうか?

    #というか社長さん、ニキシークロックとの相性は如何に・・と書いているので、登場されますね(笑

    ニキシー管時計FANを通じてお知り合いになった方々のサイトを拝見させていただくと、非常に参考になる情報があり、さらにニキシー管時計の魅力に取りつかれてしまいますね(笑

    *
    *
    * (公開されません)