RECENT ARTICLES

    ニキシー管点灯チェッカー

    Twitterで繋がっているくろやさん。また新作ができたということで、お知らせをいただきました。

    kuroya

    すっかり、ニキシーFANでお馴染みとなったくろやさん。はじめて本記事をご覧の方にくろやさんの事をご紹介させていただくと、これまでたくさんのネタをご提供いただき、そして自らもダイバージェンスメーターを数十万円かけて自作されているとても素晴らしい方です。

    これまで本サイトでご紹介させていただいた、くろやさんの作品は以下のページでご覧いただくことができます。

    くろやさん制作再び!】ダイバージェンスメーターVer2.001。クオリティがハンパない

    【新型】ダイバージェンスメーターTV版ver2.000 作ってみました【くろや】

    Twitterで繋がったくろやさんが制作されたダイバージェンスメーター。

    ИН-18専用ニキシー管点灯チェッカーを作ってみた!

    これまでダイバージェンスメーターを作成されていたくろやさんが新しく作成したのは、1つのニキシー管を用いたチェッカーです。

    くろやさんの作品を見慣れている方にはとても新鮮な作品なのではないでしょうか。

    私もくろやさんから教えていただき、とても新鮮な気持ちになりました。

    くろやさんは、ニキシー管点灯チェッカーをニコニコ動画にアップされていましたので、ニコ動から一部ご紹介したいと思います。

    こちらが完成したニキシー管点灯チェッカーです。NH-18という種類のニキシー管を用いて制作されています。

    一つしかないニキシー管なので、とてもコンパクトにできていますね。クリアケースがいい感じです。

    ニキシー管点灯チェッカー

    クリアケースと、ニキシー管を外したものがこちら。ブラックの基板がどこかクールな感じを演出しています。

    nixieclock2

    ニキシー管をセッティングします。ニキシー管を差し込むのが結構最初は度胸がいるんですよね。失敗すると曲がったりするので・・・

    nixieclock3

    スイッチの説明も動画ではご紹介されています。シャッフルするスイッチや、順送りするスイッチも搭載されています。

    nixieclock4

    基板右下部分にはLEDも搭載されており、シャッフルモード時の自動早送りのスピードが調整できるようになっています。

    ニキシー管点灯チェッカー

    LEDが点灯しているシーンです。赤や緑のLEDのグラデーションが鮮やかですね。

    ニキシー管点灯チェッカー

    そしていよいよ、ニキシー管が点灯です。やはり大き目のニキシー管だと迫力がありますね。

    ニキシー管点灯チェッカー

    スイッチを押すことで、ニキシー管が順送りで点灯いたします。写真だとわかりませんが、動画では0~9まで順送りされています。

    nixieclock8

    シャッフルスイッチも搭載されていますので、0~9がランダムにシャッフルいたします。

    nixieclock9

    クリアケースがまたいい感じな雰囲気を演出してくれています。ニキシー管のオレンジの光とLEDの光がマッチしていますね。

    nixieclock10

    暗闇での点灯シーンです。やはりニキシー管は暗闇でこそ真価を発揮するものだと思っています(個人的に)

    ニキシー管点灯チェッカー

    動画の後半部分は制作工程の紹介がされています。ニキシー管点灯チェッカーを作るための設計図。試行錯誤の様子がうかがえます。

    ニキシー管点灯チェッカー

    基板作成ソフトで設計している様子も紹介されています。見ているだけで頭がこんがらがってしまいそうですね(笑

    ニキシー管点灯チェッカー

    そして完成したのがこの基板。業者さんに頼んでブラックにしてもらったそうです。

    ニキシー管点灯チェッカー

    そしてマイコンプログラムで、どのような動きをするのか制御するプログラムを実装中。

    ここが美しいシャッフルにするための重要な作業部分でもあります。

    ニキシー管点灯チェッカー

    ということで、動画はこちらの画像を最後に締めくくられています。

    もしくろやさんの作品が欲しい!というかたは、ご連絡をしてみてはいかがでしょうか。

    2万5千でニキシー管点灯チェッカーを手に入れることができます!

    ニキシー管点灯チェッカー

    くろやさんのTwitterアカウント、動画はこちら!

    毎度毎度くろやさん。

    ネタをご提供いただき、本当にありがとうございます。

    最近更新が滞りつつ、そしてネタ切れ感が否めないニキシー管時計FANですが、くろやさんのおかげでいい記事が更新できました。

    これからも自作頑張ってください!

    くろやさんのTwitterアカウントはこちら。