RECENT ARTICLES

    Arduino基板の女性社長が今年を代表する起業家に選ばれる–まさにメーカー元年

    11

    Tech Crunchからの転載です。

    Adafruit Industriesという、企業のファウンダーLimor Fried氏が、「2012年を代表する起業家」に指名された。
    Limor Fried氏は、資本金450万ドル、社員25名の会社を経営し、世界でもっともクールな電子工作製品を作っている。

    Limor氏はMITの学生寮で電子工作キットをワンセット約10ドルで友だちに売ってるうちに、それが会社になった。やがて彼女はニューヨークに移り、10月にはそれまでの2000平方フィートのオフィスからSohoの12000平方フィートの広いロフトに引っ越した。

    その引っ越しからわずか1週間後には宅配便の発送数が1日に500を超え、Friedは騒々しい多忙の中で興奮していた。“新しい章の始まりよ”、と彼女は大声で言った。“すぐに今の4倍の大きさの会社になるわよ”。Adafruitはこれまでの7年で50万あまりのキットを売ったのだから、とにかくすごい。ここ3年、売上は各年で倍増している。

    新しい社屋では巨大倉庫並の電力を使えるから、レーザー彫板機のような大型工作機械と、そのほかの工作機械を同時に動かせる。つまり、生産のスピードが上がった。広いからたくさん在庫を置ける。しかも最近のFriedは、自分のクリエティビティを教育的な企画に注ぎ込んでいる。電子工作やロボット工学の設計を教える学習システムとそのカリキュラムまで自分で作り、また子どもたちが半田付けやプログラミングのスキルを友だちに自慢できるために、ボーイ/ガールスカウト的なステッカーやバッジまで作っているのだ。

    電子工作キットを友達に売って、会社になったですか~

    なんだかHOTな話題ですよね!!
    最近は、arduinoもかなり話題になっているようですし、電子工作ブームがこれから日本でも沸きあがるのではないでしょうか。
    ニキシー管時計にも(と言うか、様々な電子機器)に採用されている基板を個人が簡単に作成できる時代もまもなくやってくるのでしょうか?
    今から注目ですね!

    *
    *
    * (公開されません)