RECENT ARTICLES

    くろやさん制作のダイバージェンスメーター。まさしく妖艶な作品!?

    Twitterで繋がったくろや@月幽病さんの作品です。

    制作費およそ20万円以上したという力のこもった作品です。

    開発費用が21万円。

    そして、材料費に16万円と、とても真似できない、生粋のニキシー管時計FANですね。

    ニキシー管のタイプはIN-18のようです。

    しかも、素人が一から作ったというのだから、尊敬しますね!!

    今回投稿いただいた作品も、8管式のニキシー管時計です。

    いや・・・・、時計機能がないそうなので、ダイバージェンスメーターですね。
    くろやさんのすごいところは、こだわりと世界観を演出するというところです。
    ニキシー管を使って、あえて時計を作らない。

    そうしたこだわりは、機能にも反映されていますね。

    1.30秒ごとにシャッフル
    2.10分おきに世界線変更
    3. スイッチを押すと4秒後に世界線変更

    とのこと。

    早速画像のご紹介です。

    まず1枚目。

    見事な8管式ですね。

    ニキシー管が置いてある台が、一般的なボードとは違いますね。

    海外のニキシー管時計に良くあるようなボードです。

    日本式(勝手に日本式と名づけてます)は比較的、プリント基板が表に出ているものが多いような気がします。

    皆さんも気になった方もいらっしゃるかもしれませんが、本記事のタイトル「妖艶な作品」。

    なぜ↑の作品が妖艶な作品なの?と思った方もいらっしゃったかもしれません。

    くろや@月幽病さんは、まさしく妖艶な作品だ!と言うような画像を撮影されたのです。

    その作品がこれ↓

    思わずカッコいい!とつぶやいてしまいました(笑

    こんな雰囲気で撮影が出来るものなんですね。

    私も色々な観点で撮影してみましたが、和風と言うのは思いもつかなかったです。
    脱帽です!

    違うアングルの作品もあります。

    これも見事ですね!

    このようなこだわりを持った方がいらっしゃるとは・・・・。

    私もまだまだこだわりが足りません(笑

    私には自作することは出来ませんが、少しでもくろやさんの様なこだわりの持った方の作品を取り上げていくことで、ニキシー管時計FANを増やしていければと思います!

    くろやさんのTwitterアカウント⇒くろや@月幽病

    Youtubeもあります。

    *
    *
    * (公開されません)