自作作品

【やすなり (㏍K)】作リレー式ニキシー管時計

更新日:

Twitterでニキシー管時計をアップされた方にコメントをさせていただいたら、こころよくサイトで紹介してもいいということでしたので、自作された作品をご紹介したいと思います。

画像掲載をOKしてくれたのは、Twitterハンドルネーム「やすなり (㏍K)」さん。

Twitterアカウントはこちら → @G_Nova_P

Webサイトはこちら → 電気電子技術研究室

ニキシー管は8管採用しています。アルミで囲われた個性的な作品です。

1

上部の天板を開けると、複雑そうだけど、なんだか整理されている中身のようです。

中にレコードが搭載されていても面白いのではないかと思いました。(そうするとさらに厚みが増しそうですが)

2

暗闇で撮影するとこのようになります。

やすなりさん曰く、暗闇で真価を発揮するとのこと。

サイトの紹介分を一部抜粋すると・・・・

真価を発揮するのは暗闇。天板の隙間から漏れた麦球の光が壁に映し出される。

確かに天板の隙間から漏れた光が非常に美しい!

4

麦球は各カウンタの出力表示なので一秒ごとに模様が変化するそうです。

3

天板から漏れる光が演出してくれるというのは発想が新しいですね。暗闇の中で実際に見てみたい作品ですね。

5

暗闇の中で正面から見てみるのも面白い。中にはどんな宝物が眠っているんだろう?と思ってしまいますね。

6

やすなりさん。画像ありがとうございました。

また新しい作品ができたらおしえてくださいね!!

------------------------------------------------------------------------

GW後半ですね。みなさんはどこか行かれてますか?

管理人は、昨日TSUTAYAでDVDを借りてきて、昨日の深夜と、今日の朝に2本見てしまいました。

中でも面白かったのは、西島秀俊さん、香川照之さん、和久井映見さん、伊藤淳史さんが主演する「ダブルフェイス」。

ちょうど新作で入荷されていたので、思わず借りてみました。

ヤクザに潜入している刑事と、警察に潜入しているヤクザの物語です。

ネタバレになるので詳しくは言えませんが、西島秀俊さんの最後のシーンで「俺はどうすればいいだろうか・・・?刑事に戻れるんだろうか」という葛藤の表情が印象的でした。







-自作作品

Copyright© ニキシー管時計FAN , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.