「きばん本舗」取材記事

きばん本舗さんを取材してみた。今回の取材が2回目です。

更新日:

前回、きばん本舗さんを訪ねてみたで、プリント基板や、ニキシー管時計を販売しているきばん本舗さんを取材させていただきましたが、今回再度取材させていただきました。

きばん本舗さんで、先日8管のニキシー管時計を販売されたということをTwitter経由で知り、お願いしてみた次第でございます(笑

きばん本舗さん、あつかましいお願いを聞いていただき、感謝いたします!

今回、きばん本舗さんでは、8管時計を製造するのは初めての試みと言うことで、かなり入念に製品チェックや、調査を行ったようです。

本サイトでも何度か掲載させていただきましたが、シュタインズゲートに登場するダイバージェンスメーターがニキシー管時計がモチーフになり、8管タイプのニキシー管時計が人気が出ているというのも、商品化に踏み切った理由でしょうか。

※しかし、あくまでもダイバージェンスメーターはダイバージェンスメーターで、ニキシー管時計ではありません(笑

と言うことで、早速画像をご紹介したいと思います。

まずは、基板の色が赤色タイプの商品。

なんと、基板の色が選べるようになっており、赤色タイプ、青色タイプ、黒色タイプがあります。

そして、黒の基板バージョン。

3つの色違いが映っている画像。

みなさんは、どちらの色がお好みですか?

私は、ぱっと見赤がキレイで好みだったのですが、青も爽やかな感じがしてとてもいい感じでした。

3つの基板色違いを並ばせ、光らせた画像は▼▼

上の画像の、青の基板のものを見ていただくとわかるとおり、基板からライトが点灯するようになっており、シリコン(のようなもの)に反射してグラデーションを演出してくれます。

これがまたオシャレな感じです。

部屋に置くと、家具とマッチするのではないでしょうか?

基板が光を発するのは▼の画像がわかりやすいかもですね。

しかし、8管タイプのニキシー管だと、やっぱり6管と比べると様になりますよね。

私は、6管タイプを保有しているのですが、8管が欲しくなってしまいました(笑

お値段は・・・と言うと、57,100円(税抜き)で、きばん本舗さんのショップで購入することが出来ます。

8管タイプのニキシー管時計は、オークションで10万円に価格が上がるものも多く見受けられます。

その中で、メーカーさんが販売されているもので定額で購入できるのも魅力ではないでしょうか?

5万円は切れないんですか?と、ついつい質問してしまいましたが、やはり原価や作業工数を考えると5万円を切るのは難しいとのこと。

きばん本舗さんでは、8管タイプだけではなく、6管タイプの商品も販売されています。

現在は、残念ながら在庫がありませんが、以前に本サイトでも紹介させていただいたことがあります。

・アクリルタイプのニキシー管時計
・ウォルナット木製ケースのニキシー管時計
・メープル木製ケースのニキシー管時計

アマゾンで検索すると、在庫がないので、現在は閲覧することは出来ませんが、上のリンクからは画像は確認することが出来ます。

ご興味がありましたら確認してみてください。

以上で、2度目の取材記は終わりです・・・・というのはまだ早い!

実はまだ商品化されていない試作品も撮影させていただいたんです。

後ほど更新しますが、画像をチラ見せするとこんな感じです。

なんと巨大なニキシー管!!

と言うことで、引き続きニキシー管時計FANを宜しくお願いいたします。







-「きばん本舗」取材記事

Copyright© ニキシー管時計FAN , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.