ブログ

男なら誰もが一度は胸が躍った瞬間がある。それは電子工作に触れたとき・・・ではないかと思っています。

投稿日:

twitterで繋がっている@gyodenさんが何やら面白そうな内容の画像を多数つぶやいています。

ちなみに@gyodenさんには、一昨年に自作されたニキシー管時計をお借りしたことがあります。

その時の記事はこちらです。↓↓

ダイバージェンスメーターをぎょっちさんからお借りした。

そんな@gyodenさんがつぶやいていた、ちょっとマニアックだけども興味がソソる画像を紹介したいと思います。

ニキシー管ストラップ

ニキシー管に紐をつけただけですが、とても面白いと思います。

最近基板イヤリングを身に付けているリケジョの方々もいらっしゃるようなので、いつかはニキシー管イヤリングを身に付けている女子を街中で見かける時もあるかもしれませんね。

BgHonbZCcAAVLOi

キセノン管用のトリガトランス自作の実験

何やらとても難しそうな言葉が並んでいますが、こういうの実際に制作してさあ点灯させるぞ!というドキドキが楽しみですよね。

昔、工作の授業で時計を作ったことがあるのですが、半田づけしているときのスリリングな感じと、ちゃんと動くのかな?と胸に抱きながらの作業はとても面白かった記憶があります。

BgNF8TvCcAA_AdR

ちなみに@gyodenさんは放電管がお好きなようです。

大量のキセノン管を保有しております。

劣化したノートPCのバックライトCCFLを光らせる遊び

これも何だか複雑なような感じがしますが、劣化したPCのバックライトを光らせる遊びとは非常にユニークな感じがしますね。

↓画像の左上の部品群が興味をそそりますね(笑

go1

とまあ今回は@gyodenさんがつぶやいていた面白そうな内容をまとめさせていただきました。

中々解説ができておりませんでしたが、もう少し勉強して、わかりやすいように伝えていけるように頑張ります。







-ブログ

Copyright© ニキシー管時計FAN , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.